組込用 多言語 ビットマップフォント アウトラインフォント のご案内

オープンソースフォント

  • HOME »
  • オープンソースフォント

(Noto Sans)ダウンロードのご案内

ネットユーコムによる「Noto Sans」の改版(亜種)である「源の角ゴシックNC」「源の明朝NC」を特設サイト(fontucom)から配布します。

0.特徴
オリジナルのSource Han Sans&Serifから国別に文字種を抜粋。ファイルサイズを小さくすることで使い勝手の良い個人から業務利用まで便利なTrueTypeFont(TTF)フォーマットです。

業務利用をご検討される企業様にはお力沿いをさせて頂きます。
例えば
1)記号類の追加 、2)ロゴの追加 、3)ARIB STD-B62の追加
4)プリンタメーカ様向けにはTTF対応するプリンタ内蔵BitMapFont作成
5)他言語フォントとの組み換え、6)その他組込(バンドル)用にアレンジ

1.Noto Sans、権利について
GoogleとAdobeによる開発されたオープンソースフォント(SIL Open Font License)です。SIL Open Font Licenseは、FSF(https://www.fsf.org/)によてフリーライセンスとして定義されています。オリジナルのご確認は下記URLをご参照ください。https://www.google.com/get/noto/

2.ダウンロード後の責任
弊社は、本フォントがお客様の如何なる目的のために適切であることまたは有用であることを保証するものではありません。また、弊社は本フォントの使用により、お客様が被った直接的間接的な如何なる損害につきましても責任を負いません。

【配布01】2020年2月22日発表
源ノ角ゴシック及び源ノ明朝(Source Han Sans&Serif)をベースフォントとし、オリジナルのSource Han Sans&Serifから日本語規格であるJISX0213-2004に準拠した文字種を抜粋、7ウエイトを用意。ファイルサイズを小さくすることで使い勝手の良い日本人向け仕様に仕立てました。
JISX0213-2004においてNoto Sansの未収録文字を確認しております。圧縮ファイルを解凍するとTTFと一緒に未収録一覧も生成されますので参照してください。ダウンロードは[こちら]

オープンソースなアウトラインフォントへの支援

アウトラインフォント、ビットマップフォントと無料提供されているフォントは数多く存在します。
Adobe社からも高い仕様をもったフリーフォントがダウンロード可能です。組込機器でのご利用をご検討の場合、サンプル出荷や小ロットの場合であれば問題おありませんが、保証の問題と仕様の維持など数量や期間によっては不安も発生します。

・オープンソースフォントへのサポート
1.ご利用予定のフォントの仕様確認
2.不足文字の入れ替え、字形変更
3.外字作成などお客様がご利用になる環境に合わせサポート
4.不都合などの回避や事前報告をさせて頂きます。

フリーフォントで経費を抑えたいが保証が気になるお客様へのご提案です。ご希望などお聞かせください。

・対象フォント
独立行政法人情報処理推進機構(IPA)、Google Fonts  Source Han Sans

・参考価格

1)ARIB外字の追加
源の角ゴシック + ARIB外字追加 + 規格準拠確認 + 動作確認 = 800,000~1,000,000円

2)フォーマット変換
OTFからTTFなどフォーマット変換 + 動作確認 = 300,000~500,000円

3)固有文字追加
タイ語 + 欧文 + 可読性と字形妥当性 = 300,000~500,000

4)サポート
繁体字の選択依頼 源の角ゴシックなどの仕様サポート 200,000~400,000円

ダウンロード販売

ダウンロード販売を順次開始しております。
フォントユーコムのアウトラインフォントは
ダウンロード販売サイトにてお求めください。


・イメージナビ  imagenavi
・デザインポケット desinpocket
・DMM.com DMM.com
・フォントファクトリー fontfactory

・フォントガレージ fontGarage

PAGETOP
Copyright © fontUcom All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.